着物買取

着物買取は寸法でも相場が変わります。

着物の買取市場は、相場として「小さい寸法より大きい寸法の方が高額取引をされる」という傾向があります。
それはなぜなのでしょうか。

着物の買取ショップなどは、買取った着物をリサイクル品としてあらたに格安で販売します。
連日多くのお客様が着物を見に来ることでしょう。
そんなお客様の体型はさまざまです。

大柄体型のお客様もいれば、小柄体型のお客様など、とても幅広いです。
そんないろんなお客様にとって、寸法の大きい着物というのはとても都合が良いのです。
寸法の大きい着物は、サイズお直しをすることで小柄な方でも着ていただけるからです。
もちろん、大柄な方はそのままお直しをせずに着用できます。

つまり、大きな寸法の着物なら、どのような体型の方でも購入対象となるのです。

寸法の大きな着物ほど買取に有利!

このように、基本的に大きな寸法の着物はサイズを
お直しすればまた新たに着ていただくことができます。
代々家宝として受け継がれている着物があるご家庭も、
着る方に合わせてその都度お直しをしています。
逆に寸法の小さい着物に関しては大柄な方用にサイズをお直しすることができないのです。

このような理由から、着物の買取においては大きな寸法の着物の方が高額になると言われています。