着物買取

着物買取の際は証明書の用意を。

着物の買取にあたって、あると高額査定になりやすいものがあるので、
着物買取相場ドッと混むが詳しくご紹介いたします。

●証明書
証明書とは、着物や帯の購入時についてくるものです。
書かれている内容としては、着物の産地や使用している糸の種類などです。
さらに、産地を証明している登録商標には、織り元の名前が必ず掲載されており、
検査合格印などが掲載されています。
これらは、特産地物の反物に関して貼られていることが多くなっています。
証明書があることで着物そのものの価値を明確にすることができます。
そのため、買取の査定を依頼する際には証明書があると高額買取になる可能性が高くなります。
もちろん、証明書があることで査定自体もスムーズに進みます。
証明書のほかに、鑑定書や証紙、購入した時の領収書なども同様の効果がありますので、
ぜひ用意しておきたいところです。

証明書の有無で査定額が変わる?!

証明書があれば高級品とみなされて高額な値が付けられることがあります。
証明書の有無で買取査定に大きく影響するということは否定できませんし、
実際多くの着物買取業者が証明書の提示を求めています。
着物の買取依頼をする際は、証明書をご用意ください。