着物買取

着物買取の失敗例をご紹介します。

着物買取相場ドッと混むが教える、「着物買取の失敗例」です。

思ったより高額査定にならなかった、思った以上に安かったという声をよく耳にします。
それには、ある原因がありました。
ずばり、「着物の状態が良くなかったこと」です。

着物は普段着として着用している方がほとんどいないため、一年のうちのほとんどがタンスの中という状態だと思います。
そのため、状態の良さというのは査定において非常に重要なポイントとなるのです。

  • おかしなたたみジワがないか
  • シミがでていないか
  • 穴が開いていないか
  • 色や柄がくすんでいないか

ということを細かく見られます。

着物買取で失敗しないために。

また、着物買取によって引き取られた着物は通常、リサイクル品としてそのまま再版されます。
そのため、クリーニングなどに出す必要がないぐらい状態の良いものであることが大前提なのです。
例えばクリーニングでシワを取ったりシミ抜きなどをしなければならないような着物の状態であれば、
別途クリーニング代の手数料が査定額から差し引かれてしまうということになります。
クリーニングでは落とせないようなひどいシミがある着物に関しては、
着物そのものの価値を下げてしまう要因
になります。

つまり、常日頃から徹底した管理が必要になるということになります。
表地だけでなく裏地の汚れにも気を遣いながら、状態の良さをキープすることが大事です。